コピー機とコピー用紙

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

会社において、文書や資料作成に欠かせないものはコピー機ですが、コピー機と同じくらい大切なものがあります。それはコピー用紙です。いくらコピー機が高性能で良い物だとしてもコピー用紙が使用用途に対応していなければどうしようもありません。毎日使うコピー用紙であるからこそ、コピー用紙もこだわって選ぶことをおすすめします。

コピー用紙こんな経験をしたことはありませんか。印刷時に両面コピーを選んで印刷した結果、仕上がったものがふにゃふにゃになってしまったという方もいるのではないでしょうか。コピー用紙とひと言で言っても様々な使用用途によって対応するコピー用紙も異なるとされています。両面コピーの場合にはインクによって裏写りしにくくするための厚めのコピー用紙も存在します。その他にも会社でよく使用されるものとして挙げられるのは、社内資料などでよく使われるのがモノクロ質力用紙や色鮮やかに印刷することができ、写真を多く使った資料に使用されるカラー出力用紙が挙げられます。

印刷の仕方によってコピー用紙を使い分けることにより、もっとコピー機の機能を充実して使うことができます。したがって使用用途にあったコピー機を選ぶと共に、希望の印刷の仕方にあったコピー用紙を選択してみてはいかがでしょうか。